カカオトークの料金システム

カカオトーク掲示板の中でも「無料」と謳っておきながら、しっかりサイト内では料金システムについて説明しているサイトもあります。

「女性なら無料、でも男性は有料で月額3000円!」といった場合によくあるお話です。

女性は無料で、男性は有料といったサイトは、有料のカカオトーク掲示板ではよくある話ですが、最近では、無料のカカオトーク掲示板から派生した新タイプの料金形態とも言えます。

というのは、無料のカカオトーク掲示板の場合、たいてい男性会員のほうが、女性よりもはるかに人数が多く、女性会員はいつも不足しています。

これでは多くの男性が、少ない女性にいっせいにアプローチをかけていくため、少ない女性側は膨大なメールを男性たちから受け取ります。

これは女性にとって、けっこう面倒なのです。

どのメールも女性の要望にあった、たとえば、真剣交際を求める男性たちからのアプローチばかりであればよいのですが、中には、ただただセックス目的の稚拙で猥褻なメールやイタズラメールも数多く含まれていますので、女性も嫌気がさすだけなのです。

これでは、挙句の果ては、サイトを利用することすら嫌気がさしてくるでしょう。

そうした女性の利用を減らさないための防御策として、サイト運営者側も、質の高い男性会員のみに利用してもらえるよう、有料定額制を設定したわけです。

お金を払ってまで猥褻メールやイタズラメールをする男性会員もいないだろうと見込んでのことです。

数千円を出してでも利用する男性にはきちんとした目的があるでしょうから、それだけ、本気で女性との出会いを求めている男性の確率もうんと上がります。

もちろん、数万円などと高く設定してしまうと、今度は逆に、誰もが気軽に参加できるといったことが難しくなり、男性会員までも激減しかねませんから、庶民的な値段である数千円という、おこづかい感覚の金額で設定されています。

「癒して欲しい」はNGらしい

カカオトーク掲示板では、沢山の女の子と仲良くなることが出来ますが、女の子に甘えるためにカカオトーク掲示板を使っている人も多いですね。

しかし、女の子だって、寂しかったり、甘えたいからカカオトーク掲示板を利用しているのですから、いつでも甘えてばかりの男性は嫌われてしまいます。

かなり親しくなってから、今日は甘えたいな。

といって甘える分には問題ありませんが、初めから女の子に甘える事を前提にしていては、いつまで経っても相手にされません。

やはり男性に主導権を握って欲しいと思っている女の子のほうが圧倒的に多いので、ここは一つ、しっかりとリードしてあげましょう。

頼れる男性だと思ってもらえれば、距離は縮みますから、実際に会う事も出来ますし、そうなったら先に女の子に甘えさせてあげるといいですね。

頼りになる男性が、たまに甘えたりするのが好きという女の子は沢山います。

たまに甘えるからこそ、それが可愛く思えたり、新鮮だったりするのです。

同じ理由で、いつもストレスを溜めていて、誰かの悪口を言っていたり、職場や人間関係の愚痴ばかり言っていると、女の子はメールをするのが嫌になってしまいます。

癒して欲しいのと、愚痴を吐き出すはけ口は違いますから、間違えないようにしてください。

そんな事で女の子との関係を崩してしまうよりも、反対に女の子の悩みや愚痴を聞いてあげて、女の子に信頼されるように頑張ってみましょう。

考えている事もわかりますし、アドバイスしたり、励ましているうちに、信頼感が生まれてきます。

そうすれば、女の子はどんどんあなたに惹かれてくるので、メアドの交換が出来たり、実際に会おうと約束ができたりするのです。

デートを羅の占めれば、日ごろのストレスなんて、どこじかに吹き飛んでしまいますよね。

グチグチとメールでこぼして嫌われるよう理も、遥かに良いストレス発散方法だと思います。

相手との距離も縮まる方法

メールは文字だけを使ったコミュニケーションツールですが、それに写メを添付すればよりメールの相手との距離も縮まるでしょう。

さて、その写メですが、何を撮ればいいのでしょう?最初はお互いの顔を送って「こんな人とメールしているんだ」と認識しますが、毎回自分撮りの写メばかりが送られてきたら、よっぽど相手の顔が好きなら話は別ですが、普通は「そんなに自分の顔が好きなわけ?」とややウンザリしてきますよね。

自分撮り以外なら、ブログでもよく投稿されていますが、例えばその日食べたものを写メしたり、遊びに行った場所を写メしたり、今ハマっているものや部屋の拘っているインテリアの写メなど、自分の日常が伝わるような写メをいろいろ撮ってみましょう。

虹が出た時や、お店で面白い看板を見かけたなど、それを見て相手と共感できるのも写メの魅力です。

また先ほどあまり自分撮りばかり送らない方がいいと書きましたが、例えば新しいメガネにした時や髪を切った時など変化があった時には写メを送って親近感をもってもらいましょう。

写メはあくまでコミュニケーションを円滑にするツールですが、なかなか写メのみで口説く事は難しいですが、写メに一言添えると口説きとしても使えるかもしれませんね。

例えば春にサクラが咲いているのを写メで撮って、「キレイなサクラを来年はあなたと一緒に見てみたいな」などと会うきっかけにももっていけるはずです。

そのため日頃から写メを撮る習慣をつけておくといいでしょう。

しかし携帯の種類にもよりますが、あまり高解像度の写メを添付すると受信に時間がかかったり、パケット代が高くなったりしてしまうのでその場合は添付する画像のサイズを考えて送りましょう。

相手が喜んでくれるだろう・・・・と思ったことが裏目に出ないようにして下さい。

既婚女性ですがセフレ募集

既婚男性でセフレに登録している人って結構多いんじゃないでしょうか。

そういう私も、既婚女性ですがセフレに登録しています。

別に家庭に不満があるというのではありませんが、出産してしまうと女性は家庭ではお母さんになってしまって女として扱ってもらえなくなってしまうんです。

もちろん赤ちゃんンはカワイイし、お母さんであることはとても幸せな事だとは思うのですが、物足りないのも現実です。

きっかけは、私がまだ、産後で職場復帰する前の事でした。

一日中赤ちゃんと二人っきりで家にいると社会から取り残されたような気分になってしまいます。

ほんのいたずら心でセフレに登録してみたんです。

そしたら、登録してすぐに数人の男性からメールが来ました。

これだけでも、登録してよかったと思いました。

それからは主人が会社に行っている間、数人の男性とメールしていました。

メールには、家庭では言われることのない優しい言葉が書き連ねられていましたから気分が晴れました。

こんな生活をするうちに無事職場復帰も果たしてとても忙しい日々でしたが一人の男性とだけはメール交換を続けています。

その人は既婚で割と近く住んでいる人です。

会えるのは月一回だけですが、その時には私の悩みを聞いてくれます。

ときどきは夫とけんかした内容なんかも聞いてくれるんです。

喧嘩の後の謝り方とかその時の夫の気持ちなんかを教えてくれるんです。

おかげで夫婦は円満です。

最近、得にうれしいことは夫が夜優しいことです。

だって、既婚の彼に教えてもらった事を主人にしてあげるんです。

とても、喜んでくれて、この間の私の誕生日には子供を母に預けて食事に行きました。

私を連れて歩きたいそうです。

職場でも、出産して却って若返ったって言われています。

この関係は穏やかで静かな関係です。

そっと長続きさせたいと思っています。